口溶けよくパサつかない!高純度たんぱく質配合のおいしいプロテインバー[クレバー プロテインバー]

どうも!ポンタロウです🐻

今回は「クレバー プロテインバー」の購入レビューです。

正直、今まで食べてきた中でいちばんおいしいと感じたプロテインバーでした✨

高純度のホエイプロテイン配合などの特徴があるので詳しく紹介していきます!

たんぱく質補給のバリエーションを増やしたい方、たんぱく質補給おやつに興味がある方の参考になればうれしいです😊

<この記事の目次>

  1. やさしい口溶け。パサつき少ない
  2. 高タンパク・低糖質・脂質は多め
  3. WPI(ホエイプロテインアイソレート)配合
  4. ランニング前の栄養補給におすすめ
  5. まとめ

  • やさしい口溶け。パサつき少ない
  • 私はマツキヨで税込194円で購入しました。

    クレバー プロテインバーの味は2種類で、ミルクチョコレートビターチョコレートがあります。

    見た目は外側がチョコレートでコーティングされていて、しっかり厚みがあるプロテインバーです。

    中にはたっぷりの大豆パフが入っています。

    袋を開けるとチョコとアーモンドのいい香りがします♪

    食べてみると大豆パフのザクザク食感アーモンドのポリポリ食感で満足度は抜群でした☺️

    それぞれの味の特徴をまとめてみました↓

    ミルクチョコレート
    ミルキー感が強く、味はまったり甘め。後味まで甘味が続くので大豆パフの風味が目立たず食べやすい。
    
    ビターチョコレート
    カカオ風味が強く苦味を最後まで感じる大人な味。若干甘味もあるので食べやすいがミルクチョコレートと比べるとけっこうビター。

    個人的にいちばん感動したのは、パサつく食感が少ないことです!

    大豆パフ入りのプロテインバーはザクザク食感がある反面、大豆パフの風味やパサつきが目立つ印象があったのですが、このプロテインバーはコーティングチョコが口の中でゆっくり溶けてパサつきを抑えてくれています

    コーティングチョコのおかげで最後までとてもおいしく食べられました✨

    チョコレートの味も私好みで最後までおいしく食べられるのがうれしかったです!

  • 高タンパク・低糖質・脂質は多め
  • クレバー プロテインバーの栄養成分をまとめてみました。

    ミルクチョコレートビターチョコレート
    エネルギー206kcal206kcal
    たんぱく質15.1g15.0g
    脂質11.6g11.9g
    炭水化物10.6g10.7g
    ー糖質9.8g8.9g
    ー食物繊維0.8g1.8g
    食塩相当量0.4g0.4g

    どちらの味もほぼ同じ栄養成分ですが、食物繊維はビターチョコレートの方が+1.0g多いようでした。

    栄養成分を見た印象は、高タンパク・低糖質・脂質は多めということです。この3点について説明していきます!

    ◯高タンパク

    たんぱく質の1日に必要な摂取量は1g/体重といわれています。

    例えば卵1個のタンパク質は約6gなので、クレバー プロテインバーだと卵2.5個分のたんぱく質がいっきに摂れます!

    ◯低糖質

    糖質の摂取量はというと、栄養成分は炭水化物(糖質+食物繊維)という表記になっているので炭水化物の基準値が目安になります。

    標準な炭水化物摂取量は多少差はありますが男女とも300gほどだとして、この糖質が10g未満というのはとても少ないといえます💡

    この数字だけを見るとかなり低糖質ですね😳

    ◯脂質多め

    気をつけてほしいのは、脂質は意外に多いということ。

    脂質の1日摂取量の基準値は多少差はありますが男女とも60gほどだとして、この脂質11gは1日の1/6量を摂ることになります💦

    ダイエットなどで脂質が気になる方は1日の食事内容を考えて食べるタイミングに注意です⚠️

  • WPI(ホエイプロテインアイソレート)配合
  • クレバー プロテインバーのいちばんの特徴は、たんぱく質にWPI(ホエイプロテインアイソレート)が配合されていることです!

    WPI(ホエイプロテインアイソレート)とは、乳たんぱく質から水分などを取り除いて濃縮されたもので、高純度のたんぱく質なため体内に吸収されやすい性質があります。

    このプロテインバーのたんぱく質15gの3分の1もWPIだなんて、プレミアム感を感じました♪

    多くの市販で売られているプロテインバーは、大豆たんぱくのみで作られているものが多いように感じます。

    もちろん大豆たんぱくが悪いわけではないですが、乳たんぱくと比べると体内での利用率は低いんです💦

    なので個人的には乳たんぱくが入ったプロテインバーだとうれしくなるのですが、

    WPI(ホエイプロテインアイソレート)が配合されたプロテインバーは初めて見ました😳✨

  • ランニング前の栄養補給におすすめ
  • 私が思う、食べるベストタイミングはランニング前です💡

    クレバー プロテインバーは高タンパク・低糖質ですが、脂質がちょい多めなのでエネルギーが200kcalほどあります。

    おやつとして食べるには少し脂質が高いかなと感じました😅(その人の食生活にもよりますが)

    それに対してランニング前ならエネルギーチャージとして使うことができます🌟

    またランニング前のたんぱく補給は、ランニング中に筋肉が壊れるのを防ぐ効果があります😊

    消化時間を考えるとランニングの2〜3時間前に食べると良いといわれているので、腹痛が起きないよう気をつけて食べた方がいいです。

    おいしくて食べ終わりの満足感もちょうどよかったですし、マラソン大会でスタート前の小腹が空いた時にも使えるかなと思いました!

  • まとめ
  • このページでは「クレバー プロテインバー」を紹介しました!

    本当に味にクセがなくおいしいプロテインバーでした😊

    たんぱく質がしっかり摂れるし、さらにはWPIという吸収されやすいたんぱく質が入っているのがうれしかったです!

    私はランニング前に食べようかなと思っていますが、ランニング後や普段のおやつなどそれぞれのライフスタイルに合わせてぜひ食べてみてほしいです♪

    フード
    スポンサーリンク
    ポンタロウをフォローする
    PONTET
    タイトルとURLをコピーしました